MENU

入院費用で銀行からお金を借りた(女性/40代)の体験談

私は女性系の病気で緊急入院しました。その際に入院費用が支払う事が出来ずに困ってしまったのです。私は独身で、派遣社員をしています。

 

長年派遣社員ですので、生活するだけで精一杯で、貯蓄など全く出来ませんでした。せめて両親と同居していれば貯蓄も出来たかもしれませんが、両親はかなり離れた地域で暮らしています。

 

もう、頼る人もいないので、私は銀行系のカードローンを利用したのです。

 

銀行系のカードローンは審査は厳しいですが、低金利ですので安心です。
銀行系のカードローンは、収入証明や保険証などの提出を求められました。

 

審査が通るまで時間がかかりましたが、病院には話をし、支払いを少し待って貰う事が出来たのです。
お金の借り方は、10万円借りました。この10万円で大変助かりました。

 

利息を少なくしたいので、直ぐにでもお金は返済したいと思っています。

 

こちらのローン会社は大変親切で信頼出来る会社ですので、
次回も緊急でお金が必要な時は利用したいです。

よくある質問

銀行でお金を借りるための手順とは?
生活をしていると、いろいろな場面で金銭が必要になりますが、住宅を購入したり、自動車を買い替えるなど、まとまったお金が必要になる場合と、生活費の補充などの用途自由な借入など、銀行などでお金を借りる機会があるかもしれません。そのような時の借り方としては、まず申し込みをして、自分の年収や仕事、ほかからの借り入れなどの個人情報を記入などして、審査をしてもらいます。多少時間はかかりますが、審査に通れば住宅ローンやカードローンなどを銀行から借り入れが出来る状態になります。

 

銀行で借りたお金の返済方法とは?
銀行でのお金の借り方は、窓口での申し込みが必須です。住宅ローンでも、マイカーローンでも、学資ローンでも同じく申込書を書かなければなりません。そして、そのほかにも必要書類として、収入をあらわすものやその必要金額を示す書類など、さまざまな書類を整えて提出しなければなりませんので、申し込みを行うだけでも非常に大変な作業になります。また、銀行に返済する際には毎月決まった額を返済する方式の他、繰り上げ返済なども行うことができます。

 

銀行で借りたお金の金利の計算方法は?
銀行でお金を借りる場合には、返済時に金利を付けて返すことになります。一般的に金利は年〇〇%という形で表記されています。これは一年間借りた場合に〇〇%の利息が付きますよという表記の仕方です。しかし、一年たたずに返済する場合にはどうするのでしょうか。この場合にはその金利に対する金額を365日で割って、さらに借りた日数をかけて計算します。すなわち、借りた日数分の金利を支払えばいいのです。金利が年〇〇%と聞くと高く見えますが、短期間の場合にはむしろ金利は安いことが多いのです。銀行でのお金の借り方を憶えておくと、いざというときに便利です。