MENU

養育費が足りないのでお金を借りた体験談(女性/40代)

子供が無事に大学合格しましたが、遠方に進学したので毎月の仕送りが非常に高く困っています

 

そのため、毎月のようにお金がない状態が続いており、養育費が足りなくなったので
金利が低いことで有名なこちらのローン会社で借入れをしました。

 

最初の一年間は引越し代や家財の購入、入学金などの支払いもあって慢性的にお金がないため、借入れを繰り返してばかりでしたが、二年目以降になると子供もバイトをして仕送りの額を少なくしてくれましたので、何とか返済ができるようになりました。

 

おかげで、今では新たな借入れをすることもなく、
何とか収入の範囲内で返済と仕送りを続けることができています。

 

あの時に借入れできなければ、子供も途中で進学を諦めなければならなかったかもしれません。
それを思うと当時は非常に助けられました。

よくある質問

お金がない時にキャッシングに頼るのとクレジットカードに頼るの、どちらがお得?
お金がないときには、何もできず解決策を色々としてみます。クレジットカードが、ある場合はそれで、日常の生活用品を購入することで暮らすことはできます。しかし、お金がないと現金が必要なときには困ります。そんな時は、一時的にクレジットカードのキャッシングをすると現金を作ることができます。しかし、キャッシングには金利が加算されるので最低限の金額にしておきます。そして、買い物は全てクレジットカードを使用すると金利もなく定価で購入ができます。そうしておくと、クレジットカードがお得になります。

 

バイト生活で生活が苦しい場合、カードローンの審査は通りますか?
急な出費が多かったときなど、手元にお金がない場合には借りなければなりません。お金がない場合には周りに借りたりしますが、借りられなかった場合にはカードローンやキャッシングをすることが有効です。バイト生活でも一定して安定している収入があれば問題がなく、今まで別のところに借金がない場合や借金が滞ってない場合には審査に通ることが可能です。審査を受けるためには無人契約機かインターネットを使ってすることができます。

 

お金が無い時に低金利で借りられる金融機関の種類は?
お金がないと、生活をしていくことができません。今の日本では、お金がないといきていけないということです。そんな時は、まず借りることがいい方法ですがその借入先を選択することが大事です。低金利で安全に、借りるころができるのが最善策になります。それには、生活福祉資金貸付制度というのがあります。これは、銀行などと違い公的機関がしている制度です。お金の用途としては生活費全般が対象になり、単身世帯で月額約15万円以内など限度額に上限はあります。そして、気になる金利は保証人がいれば無利子になります。